日焼けしやすい人としにくい人の差

日焼けしやすい人としにくい人の差

日焼けしやすい人としにくい人の差

日焼けをしやすい人としにくい人というのが存在していますが、そもそも日焼けというのはメラニンの働き方によって変わります。まず、日焼けをしやすい人についてですが、まず日焼けの定義について理解しておきましょう。日焼けするというと色が黒くなるということを真っ先に考えますが、それは自然な防御反応であり、それより危ないのは日焼けして真っ赤になるのに黒くならないという方です。

 

メラニンを生成するのは表皮の奥のメラノサイトという細胞ですが、表皮細胞というのは紫外線を浴びる事によって、刺激を受けたメラノサイトがメラニン合成の働きを促進させます。それによってメラニン色素が詰まったメラノソームが作られ、表皮細胞に入り黒い膜状の構造を形成して紫外線を防ぎ、核の中のDNAを守ります。

 

白い肌の方はメラニン量が少ないので炎症を起こしやすくシワやシミも出来やすいです。また光老化しやすいので色白の人はUVケアをしっかりとする必要があります。また、黒くなりやすいという方はメラノサイトの反応が敏感なのですぐに肌が黒くなり光老化は出にくいです。

 

ちなみに紫外線に当たって肌が赤くなるけど黒くならない人がいます。これはダメージが少ないのかと思っているかもしれませんが、これはメラニンで紫外線を防げていない証拠なので、日焼け防止サプリなど、しっかりと紫外線対策をしないと将来的にシワ、シミなどの肌の老化に繋がってしまいます。皮膚ガンの可能性も増加してしまいますので、外出時はもちろん、日常的に日焼け対策をしましょう。

 

copyright 2017 乳酸菌革命はドラッグストア・楽天などにない!販売店はこちら All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。