満腹感を得るための食事法

満腹感を得るための食事法

満腹感を得るための食事法

ダイエットをしていると、どうしても食事の量を減らしがちになるので、すぐにお腹がすいてしまいますよね。常に空腹感と戦っているのかもしれません。そして、空腹感に耐えることができず、つい冷蔵庫の扉を開けてしまうのではないでしょうか。冷蔵庫の中にあるおいしそうな食べ物をついつまんでしまって、後からひどく後悔する、そんなことを何度も繰り返しているかもしれません。

 

そのような空腹感、いったいどうやって抑えればいいのでしょうか。空腹感を克服するコツはあるのでしょうか。空腹感を抑えつつも、満腹感を得ることのできる食事法というものがあるようですよ。少ない量の食事で、より大きい満足や満腹感を得ることの出来る方法です。

 

1つめは、食事の前に必ず水を一杯飲むという方法です。胃の中がからっぽの状態だと、「グレリン」と呼ばれるホルモンが分泌されてしまいます。実はこれが空腹感の原因となっているようなのです。

 

2つめは、食物繊維の豊富な食材から食べるという方法です。野菜等の食物繊維豊富な食品は、カロリーも低めです。そして、食物繊維がたくさんの食べ物から食べれば、胃の中は食物繊維でいっぱいに満たされるため、大きな満腹感が得られるのです。

 

3つめは、よく噛んで食事をするという方法です。私たちが普段満腹感を感じているのは、身体ではなく、実は脳なのです。これはかなり重要ナポイントですよ。食べ始めると、血糖値は上昇していきます。血糖値が上昇すると、満腹中枢が刺激されることによって満腹感を感じることができるのです。少しの量で満腹感を得たいと思うのであれば、よく噛んで食べることが一番です。

copyright 2017 乳酸菌革命はドラッグストア・楽天などにない!販売店はこちら All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。