鼻血と高血圧

鼻血と高血圧

鼻血と高血圧

高血圧になると、鼻血が出ること(鼻出血)が症状として現れることがあります。しかし、鼻血が必ずしも高血圧を疑う材料になるわけでは当然ながらありません。どのように鼻血が出るのか、また鼻血と高血圧の関係について考えてみましょう。鼻血は「単純鼻出血」と「動脈性出血」の2つに大きく分けられます。

 

単純鼻出血というのはキーゼルバッハという鼻の入り口付近の粘膜を傷つけることにより起こるもので、これが全体の8割を占めると言われています。鼻を強くかんだり、ほじったり、もしくはちょっとした衝撃で出血することが多いのは、鼻腔内の粘膜が薄く、毛細血管が集中しているためです。

 

そしてもう一方の動脈性出血ですが、高血圧症、動脈硬化症、白血病、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)など、なんらかの疾患が原因となって起こる鼻出血をさして呼びます。この動脈性出血の場合、鼻からだけでなく歯茎からも出血する、場合によっては脳出血を起こす、といったケースも少なくありません。

 

一般的に出血の度合いが激しく、なかなか止まらないと言われています。高血圧によって鼻血が出ることもありますが、これは上記の動脈性出血に属します。この時、鼻腔の後ろの太い血管の血管壁などが傷むことによって起こり、この場合動脈硬化などが起こっている場合があります。

 

そのため、出血量も多く、口から出てくるほど激しい出血を伴う場合があります。もし、そのように出血がひどい場合は、たかが鼻血と侮らずに急いで病院へ行きましょう。鼻血については単純性鼻出血と動脈性出血があるという話をしましたが、当然原因が違うので対処も違ってきます。

 

単純性鼻出血の場合は、やや下を向いて、小鼻を強くつまむのが良いでしょう。民間療法的なもので、首の後ろを叩くとよいと言われていますが、実はこれには意味がないことがわかっています。また、仰向けになるのも、出血が多い場合、呼吸をふさいだり、誤って飲み込んでしまって吐き気を催す元になるためNGです。

 

動脈性出血の場合、単純性鼻出血とのまず区別をすることが肝心です。とはいえ、区別することは難しいので、まずは鼻血の出血量に注目し、出血が15分以上止まらない場合は何かしらの疾患があるかもしれないので病院で診察を受けるようにしましょう。このようなケースであれば、高血圧症などの疾患によって動脈性出血が起こっている可能性が高いと判断することができます。

copyright 2017 乳酸菌革命はドラッグストア・楽天などにない!販売店はこちら All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。