原発性胆汁性肝硬変の治療方法

原発性胆汁性肝硬変の治療方法

原発性胆汁性肝硬変の治療方法

原発性胆汁性肝硬変の治療方法には、残念ながら現状において根本的な方法が確立されていません。とはいっても、原発性胆汁性肝硬変に何もなす術がなく進行を待つ他ないのかというと、そういうわけではありません。まずは、どのような治療法があるのかを見ていくことにしましょう。

 

原発性胆汁性肝硬変の症状のひとつに、かゆみの症状が挙げられます。この症状を抑制するためには、コレスチラミンという薬を用いるのが有効だといわれています。胆汁が十分にない場合には、脂溶性の栄養成分を腸からスムーズに吸収することができない状態になってしまいます。このことから、ビタミンA・D・K・カルシウムなどの栄養成分を水溶性製剤の形で補うことも大切だとされています。

 

原発性胆汁性肝硬変の根本的な治療方法は確率されていないとはいえ、病状の悪化を遅らせる効果がある薬は存在しています。この薬の名はウルソデオキシコール酸といい、病気の悪化を多少緩やかにしてくれるといわれています。

 

薬を服用するとなると気になるのは、副作用の存在です。ウルソデオキリコール酸については、基本的に副作用があまり現れないとされています。薬物療法としては、副作用が起こらない治療には魅力があるのではないでしょうか。

 

原発性胆汁性肝硬変が悪化してしまったときにも、とられる治療方法はあります。それは、肝移植を実施することです。これが、原発性胆汁性肝硬変が悪化したときの何よりの良い治療方法だといわれています。

copyright 2017 乳酸菌革命はドラッグストア・楽天などにない!販売店はこちら All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。